一般的な車のパワーアンプブリッジは、音響ホーン方式を搭載

- Jul 19, 2017-

1、ステレオモード(STEREO)

パワーアンプは赤と黒の端子を中心に赤と黒の端子の出力チャンネルにそれぞれ左右のスピーカーを接続し、それぞれ左右の入力インターフェース入力オーディオ信号のパワーアンプ、左右それぞれのパワーアンプ右チャンネルのスピーカーボリュームコントロールポテンショメーターを備えています。

2、ブリッジモノモード(BRIDGE)

パワーアンプの2つの出力端子はスピーカボックスに接続されていますが、ブリッジモードではパワーアンプの出力インピーダンスは2倍になり、電力は3倍以上4倍以下になります(理論値は4回)。 実用新案には、入力と出力のバランスがとられ、電力が増加するという利点があります。 短所:出力インピーダンスの増加。 パワーアンプブリッジは、高出力の低音スピーカーに使用されます。

3、パラレルモノモード(パラレル)

このモードでは、パワーアンプの出力インピーダンスが1倍に減少し、パワーが1倍に増加します。 低抵抗の高出力スピーカーが主にこの方法を使用しています。 パワーアンプのブランドによっていくつかの違いがあります! 赤線接続のパワーアンプのパラレルモノモード(パラレル)2出力端子、次に出力端子としての赤と黒の端子は、サウンドボックスのインターフェースに接続され、パワーアンプ入力左右チャンネルインターフェイスが空に接続されていない、電源左のポテンショメータがスピーカの音量を制御しています。