カーナビゲーションの音を維持する方法

- Jul 04, 2019-

1、しばしば小さい濡れた綿棒で拭きます

ステレオのテープドライブとCDプレーヤーのヘッドはほこりがたまりやすいです。 CDプレーヤーの最も重要な部分はレーザーヘッドです。なぜなら、レーザーヘッドは部品を傷つけやすく、より高価であるからです。 デザインプロセスのカーオーディオの中には、ほこりの問題を考慮に入れているものもありますが、保護対策も必要ですが、カセット、カセット、CDマシントレイとサウンドシステムパネルを拭くために湿った小さな綿棒を使うことができます。 正しいことは、湿った布を使って静かにほこりを吸い取ることです。 キーとノブのクリーニングは、綿棒をもう一度使用できます。

2.クリーニングツールを使ってテープやディスクをクリーニングする

清潔に保つためにホストの音に加えて、テープやCD-ROMも清潔さを保証します。 テープやディスクの汚れは、再生の音質に影響を与えるだけでなく、音を損なうこともあります。 CDマシンのレーザーヘッドが高速で動作しているときに、ほこりが発生すると、レーザーヘッドは元のレーザー軌道から外れ、音の歪みを引き起こし、レーザーヘッドに損傷を与えます。 テープおよびディスククリーニングツールはほとんどのビデオ店で利用可能であることが理解される。

3、遅い牙パン少ない変更料理

気候は乾燥しているので、春はカーステレオレーザーヘッド損傷高い髪の期間、静電気を生成するのは簡単です。 それは手で直接触れないようにするのが最善の場合は牙パン、ゆっくり入れて、できるだけ頻繁にディスクを交換しないようにして、できるだけ軽くディスクを接続してみてください。

4、音量が突然最大にならない

ホーンコイルが燃えるように最大まで突然の音量を避けるために音の使用では、パワーアンプが影響を受けます、突然の増加の振幅もアンプを燃やすでしょう。