カーステレオのメンテナンスとトラブルシューティング

- Dec 23, 2017-

1、しばしば小さなぬれた綿棒で拭きます

ステレオのテープドライブとCDプレーヤーのヘッドは、ほこりがたまりやすいです。 CDプレーヤーの最も重要な部分はレーザーヘッドです。レーザーヘッドは部品の損傷や高価なため、保存に専念する必要があります。 デザインプロセスのカーオーディオの中にはほこりの問題も考慮されていますが、防護措置も必要ですが、湿った小さな綿棒を使用してカセット、カセット、CDマシントレイやサウンドシステムパネルを拭くことができます。 湿った布を使ってほこりを優しく吸い取るのが正しいことです。 キーとつまみの清掃は、綿棒をもう一度使うことができます。

2.クリーニングツールを使用したテープやディスクのクリーニング

清潔に保つためのホストのサウンドに加えて、テープとCD-ROMも清潔さを保証します。 テープやディスクの汚れは、再生音質に影響を与えるだけでなく、音を傷つけます。 CDマシンのレーザーヘッドが高速で動作しているときに、ゴミが満たされていると、レーザーヘッドが元のレーザー軌道から外れ、音の歪みやレーザーヘッドの損傷の原因となります。 ほとんどのビデオストアでは、テープとディスクのクリーニングツールが利用できることが理解されています。

3、ゆったりとした牙パンの変更の少ない料理

気候は乾燥しており、静電気を発生しやすいので、スプリングはカーステレオレーザーヘッドのダメージの高い毛髪の期間です。 牙パンは、手で直接触れないのが最善であるときは、中に入れてゆっくりと入れて、頻繁にディスクを交換しないようにして、可能な限り光を差し込んでください。

4、ボリュームが突然最大になることはありません

最大の突然の音量を避けるために音の使用では、ホーンコイルが燃えるように、パワーアンプが影響を受ける、突然の増加の振幅もアンプを燃やすでしょう。