カーオーディオにおけるクロスオーバーの種類と機能

- Jul 19, 2017-

分周器は、「電力分配器」と「電子分周器」の2つのカテゴリに分けることができます。

1.パワーディバイダ:受動回路は、パワーアンプがサウンドボックス、LCフィルタネットワーク、パワーアンプの電源出力に配置された後、オーディオ信号は、(2)低音、高音または低音、高音、高音に分かれています(3人)がそれぞれのスピーカーに送られました。 接続はシンプルで使いやすいですが、消費電力、オーディオ・バレー、クロス・ディストーション・パラメータとスピーカ・インピーダンスはスピーカ・インピーダンスに直接関係しており、周波数の関数であり、公称値の偏差は誤差が大きいため、調整には役立たない。

2:能動電子分周回路を電力増幅器の前に配置し、電力増幅器の音声信号周波数を分離し、各音声帯域の信号増幅を行い、対応するスピーカユニットに送る。 小さな電流のために、これは小電力電子アクティブフィルタによって実現することができる。 調整が簡単で、電力損失を減らし、スピーカーユニット間の干渉を緩和します。 信号損失は小さく、音質は良いです。 しかし、この方法は、毎回独立したパワーアンプを使用し、コストが高く、回路の構造が複雑で、プロのサウンド強化システムに適用されます。

分周器の役割:

現在、スピーカーは、周波数応答を再生するにあたり、全周波数範囲(20Hz〜20kHz)で失敗しました。それでも、2つのスピーカー(高音、低音)または3つのスピーカー(高音、低音域)良好な音響効果を得るための「リレー」アプローチ。 このように、オーディオ周波数帯域を2つ以上の周波数帯域に分割し、それらを異なるスピーカにそれぞれ送信するための専用回路(デバイダまたはデバイダと呼ばれる)が必要です。

分周点の選択:

1.低ミッドセルの指向性と実際の境界周波数f = 345 / d(d =ダイアフラムの有効セル径)を考慮する。 通常、8要素の境界周波数は2K、要素6.5の境界周波数は2.7K、5は3.4K、要素4は4.3kです。 つまり、上記単位の分周点は、各単位に対応する実際の境界周波数よりも大きくすることはできない。

2.高周波数の単位共振周波数の考慮から、周波数分割は共振周波数の3倍より大きくすべきである。 すなわち、トゥイーターの観点からは、通常の周波数分割は2.5kより大きくすべきである。

3.ウーファーのハイエンド応答Fhを考慮し、通常の分周器は1/2 Fhを超えてはいけません。 実際には、2つの周波数のスピーカー、上記の条件は同時に満たすことは困難です。 この時点で、設計者は3つの間でより良い妥協点を持つべきです。 しかし、最初の条件、すなわち実際の境界周波数が最初に満足されるべきであることが強調されなければならない。

4. 3つの周波数の場合は、通常、(3つ以上のオクターブで)より遠くに2つの周波数ポイントである必要があります、組み合わせ応答システムの後になります。 そうしないと、複雑な干渉が発生します。