車のステレオのアップグレードで音源を選択するには?

- Jul 19, 2017-

テープ・マシンの周波数応答は狭く、ノイズが多いため、考慮する必要はありません。 オリジナルのカーオーディオシステムにCDドライブを追加して音質を向上させることは正当化されていません。 ビバリーセダンを例に挙げて、所有者は元のカーオーディオシステムに6枚のCDドライブを取り付け、6 x 9インチのスピーカーとアクティブなサブウーファーをリアに取り付けました。 オーディオソースはCDにアップグレードされていますが、音質は大幅に改善されていません。 テーププレーヤーの再生システムを使用すると、CDの信号はまだラジオのFMバンドからです。

受信された音質は損失を被り、周波数応答が制限され、ノイズの干渉があり、CDの利点は再生できません。音は階層性と徹底的な感覚を持っていません。

この例からわかるように、音質を向上させることは一体的な技術である。 サウンドシステムをセットアップするとき、各機器のコロケーションは基本的に同じスタイルでなければなりません。そうしないと外観、機能、使用、インデックスなどの不調和の原因となることがあります。

CD、MD、VCD、MP3をしないでください

サウンドの再生にのみ使用される場合、ホストはCD、MD、またはDVDを選択します。

VCDの音質は悪く、最高ではありません。 MP3は圧縮されたフォーマットに属しますが、サウンド処理回路は増加しますが、サウンドはCDほど良くはありません。 DVDの音質はCDに近いですが、全体的にはまだCDやCD MDほど良くはありません。 品質の差は大きくないが、音はやや難しい。

「本物の」、イコライザーではない

ホストは、モデルの変更を加えずに信号を選択する必要があります。つまり、オリジナルのフレーバーです。信号が変更された後、波形が歪められ、再生された音楽は理想的ではありません。

「本物の」最高のグラフィックイコライザー、ホストフィールド効果なし(:スクエア、スタジオシアターなど) フィールドエフェクトを変更すると、元の信号が変化し、元の音質が失われます。

はい、24ビット、1ビットなし

音質機能をさらに変更することなく、周波数レスポンスに応じてマシンのタイプを選択します。 オーディオストアのCDラベルは、ラベルに20ビットと24ビットを販売しています。 20ビットと24ビットは、音楽を完全に表示するための高い解析力を備えています。 1bit以上の普通のオーディオ、より高いビットの発熱クラスのサウンド。 そのようなマシンでのみ、その繊細さを示すでしょう。

力を歪ませない

ホストを使用してスピーカーを誘導する場合は、出力電力を選択します。 現在、ホストの出力電力は、主に歪みを低減するために、通常4 * 50Wです。

ホストが出力の前に、出力レベルを選択するために高い場合、目的は信号対ノイズ比を向上させることです、出力レベルは一般に2Vで、それは4Vの出力を選択することが最善です。 ちなみに、CDのレコードは、ディスクに印刷された最高のDDDと、このCDレコードによって生成された音質で、本物の品質で作られる必要があります。

安いマップではなくアップグレードの利便性を考慮する

デバイスが基本的な要件を満たすために機能する限り、意図的にあまりにも多くの機能を追求しないでください。 安価で、必要な基本機能が不足しているとは思わない。

ウォークマン、ゲーム機、ハンドヘルドDVD、コンピュータ、ハンズフリー電話は、デフォルトのポート入力を使用することができます前に、機器の入力と出力ポートを考慮する。 出力ポートはまた、アップグレードが使用するのが便利ではない後に、低音を避けるために、前と後の左右を考慮する必要があります。